サービス キービジュアル

サービスService

全国の高校の“2校に1校”、3人に1人の高校生が
利用する教育プラットフォーム
(*1)

「Classi」は、授業や面談、学校と保護者のコミュニケーションなど、学校現場の多様なシーンで活用される教育プラットフォームです。スマートフォン・タブレット・PCなどのデバイスを問わず、クラウド経由で利用できます。先生・生徒・保護者をつなぐサービスとして、学校教育をテクノロジーで支援しています。

(*1)2019年5月現在。中高一貫校を含む。
Classi 4つのキーワード

Classiが支える、学びに関する
4つのキーワード
Keyword

  • 1.ポートフォリオ

    今日の気づきが未来へと
    つながる、
    学びのアルバム

    ポートフォリオとは、学校生活のさまざまなシーンで得た気づきや学びをスマートフォンやタブレットで記録し、振り返ることのできる「学びのアルバム」のこと。Classiポートフォリオには、大学入試に必要な学習記録データ(eポートフォリオ)への対応に留まらず、学びを深め、将来へとつなげていく多彩な機能が搭載されています。

    学びのアルバム イメージ
  • 2.アダプティブラーニング

    一人ひとりに最適な学びが、
    目標に向かう自信を生み出す

    Classiのアダプティブラーニング(適応学習)は、蓄積された学習履歴や、多くの学校で採用されるベネッセのテストの結果にもとづき、学習コンテンツをレコメンド(自動推奨)します。中学校〜高校の学習範囲までの1,000以上の単元をカバーした、約10,000本の学習動画と確認問題で、一人ひとりの得意・苦手に合わせた最適な学びを提供します。

    アダプティブラーニング イメージ
  • 3.アクティブ・ラーニング

    生徒の主体性を育み、
    気づきを導く授業へ

    生徒自らが答えのない問いを設定し、意見を交わしながら新たな気づきを得ていく「アクティブラーニング(主体的、対話的で深い学び)」。今、多くの学校で、この新しい授業の形の導入が進みつつあります。Classiには、アンケート・問題の配信、リアルタイム集計、可視化ツール、指導教材など、これらの授業を支援する機能やツールが搭載されています(一部オプション)。

    アクティブラーニング イメージ
  • 4.コミュニケーション

    先生・生徒・保護者の
    コミュニケーションが、
    安心や信頼につながる

    Classiには、クラスや学年、職員、部活動など、任意のグループで利用できるコミュニケーション機能が搭載されています。ホームルームや職員会議の連絡、資料配布などに活用すれば、簡単かつ確実に情報を伝えられます。「Classiホーム」アプリを使えば、学校から保護者への連絡をスマホで受け取れたりと活用のシーンが広がります。

    コミュニケーション イメージ