ニュース キービジュアル

2024年2月6日

Classiが学習問題の開発プロセスに生成AIを活用

弊社が運営するプロダクト「Classi」学習トレーニング機能内の、英語学習領域の開発プロセスにおいて生成AI活用を開始いたしましたのでご報告いたします。この新しい開発プロセスによって学習課題をより短時間で作成することができ、問題数を増やすなどプロダクトの品質向上に寄与させることができます。

 

【生成AIの適用場面と詳細】弊社は、プロダクト内で提供する学習課題の作成において、電気通信大学の高木正則准教授、ならびに岩手県立大学の田村篤史准教授からアドバイスをいただきつつ生成AIを活用したコンテンツの開発プロセスの実現を進めてまいりました。

今回新しく実装されたプロダクト内で提供する学習課題作成プロセスは、これまで多くの時間を割いていた問題作成の初歩段階に生成AIを活用することで業務工数を削減でき、加えてコンテンツ開発メンバーは確認・修正・判断作業等、新たな価値の創出に集中することが可能になります。また、将来的には弊社の開発メンバーのみならず、先生や生徒が自分で問題を作成できるようにすることも見据え、自然言語を用いたAIを活用しています。

・AIの活用(①の英文及び解説文作成に生成AIを活用しています)
①大規模生成AI:英文及び解説文作成に活用
②*識別系AIの言語モデル:選択肢の作成に活用
*テキストから意味を抽出し、文法的には正しいが文脈的に正しくない等の認識が可能です。

 

弊社は今後も、新しい技術を取り入れながらより効率的な開発プロセスの実現と、効果的なプロダクトの提供に貢献してまいります。

 

お問い合わせContact

本リリースに関するお問い合わせ先
Classi株式会社 PR 椎葉
TEL:03-5320-8553